モリモリスリムの危険性

MENU

モリモリスリムの危険性がやばすぎる

ここではモリモリスリムの安全性についてご紹介します!

 

便秘は、年齢によらず、多くの女性の大敵ですよね。まずは便秘を解消するために薬を飲んだりすることも大切だったりします。

 

そ中でも、モリモリスリムを愛用している方もいると思いますね。

 

でもその安全性を知っていますか?必ず確認しておいてくださいね(^_^)

 

モリモリスリムがすぐに効いてくれるわけ

 

モリモリスリムがなぜこれだけの効果を発揮できるのか知っていますか?
それは下剤成分を含んでいる」からです。

 

しかし、医薬品として販売されているわけではないので、この事実に気づきにくいんですね(-.-;)

 

モリモリスリムの下剤成分

センノシドを含む「ゴールデンキャンドル」と
バルバロインを含む「キダチアロエ」

の2種あります。

 

市販のものであれ、医師から処方されたものであれ、下剤である以上は必ず副作用のリスクがあります。
短期的な副作用では悪心や吐き気といった胃部不快感が中心です。

 

長期的にみると「腸そのものの働きがさらに衰え、自然に排泄できなくなる」という副作用もあります。

 

 

モリモリスリムは男に飲ませるな!

 

モリモリスリム男性には飲ませてはいけません!旦那の便秘には飲ませないことです!

 

「ガルシニア」・・・という成分が入っていますが、ガルシニアには食欲の抑制と脂肪酸の燃焼を促すといった効果があり、「ガルシニアダイエット」という言葉もあるほどの成分です。

 

しかし、副作用もあって、「精巣への作用」が心配されます。

 

医療機関の話では、ラットを用いた実験で多量のガルシニアを摂取したラットに精巣毒性(精細胞の萎縮と変性、精子形成不全)が観察されています。
基本的に人体へのリスクは気にするほどではないとされていますが、ダイエット効果を期待するあまり、多量かつ継続的に使用してしまうケースもありますよね。
そうしたケースでの安全性はまだ現段階では保証できていないようです・・・ので、摂取しない方が無難ではあるわけです。

 

 

モリモリスリムは妊活中・妊婦さん・授乳中は飲まないで!

 

 

モリモリスリム・・・ちょっとわかりづらいですが販売ページに「妊娠中は服用しないでください」と書かれています。

 

妊婦さんにとって危険な成分を有することは容易に想像できます。

 

しかし、出産後も決して例外ではありません!!
妊娠中や産後は必ずこのような葉酸サプリを飲むようにしてください。

 

本製品は「授乳中での摂取」に関してはNGを出していませんが、実際は””やめておいたほうがいい””でしょう!!

 

キダチアロエに含まれる成分は、母乳を通して赤ちゃんに影響を与えてしまう恐れがあるからです。
症状としては下痢やけいれんがあるようです。

 

あくまで個人レベルでの使用に関しては、そこまで神経質になることはないかもしれませんが、多量・長期摂取と妊娠中・産後での使用に関しては安全のため控えるようにしましょう!!!

 

 

更新履歴